小児矯正(子どもの矯正)

歯並びが悪くなる原因

お口まわりの悪癖・生活習慣に注意しましょう

お子さまの歯並びが悪くなる原因には色々なものがありますが、特にママ・パパにご注意頂きたいのが、お口まわりの悪い癖です。指しゃぶり、舌を前に出す癖(舌突出癖)、口唇噛み、つめ噛み、タオル噛み、口呼吸などの癖に気づいた時にはできるだけ止めさせるようにしましょう。また頬杖、いつも片側ばかりでものを噛み、いつも片側を下にして寝るなどの生活習慣も、歯並びを悪くする原因となります。

こんな歯並びでお悩みではありませんか?

出っ歯(前歯が突き出ている)

上顎の前歯、または上顎全体が下顎よりも前に突き出ている状態です。

受け口(下の歯が突き出ている)

下顎の歯が上顎の歯よりも前に突き出ている状態です。

すきっ歯

歯と歯の間に隙間がある状態です。

過蓋咬合

前から見た時に、上の前歯が下の前歯を覆うほど深く噛み合っている状態です。

叢生・乱ぐい歯・八重歯(歯がガタガタ)

歯が重なり合ったり、ガタガタに並んだりした状態です。

お子さまの矯正治療

顎の骨の成長発育を利用して、噛み合わせを治します

お子さまの矯正治療では、顎の骨の成長発育を利用して噛み合わせの悪さなどを治していきます。治療内容は「1期治療」と「2期治療」に分かれ、適切なタイミングに1期治療を受けさせてあげれば、2期治療が必要になった場合でも抜歯を回避できたり、治療期間を短縮させたり、きれいに歯並びを整えたりできる可能性が高くなります。
このようにお子さまの矯正治療には様々なメリットがありますが、治療を開始する適切なタイミングはお子さまによって異なります。一度お口の中を診たうえで、その子にとって最適なタイミングをご提案させて頂きます。

1期治療

混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期)に行う治療です。顎の骨の成長発育を使用して、歯並びの乱れや、噛み合わせの悪さなどを治していきます。主に拡大床などの装置を使って顎を広げて、歯並びがきれいに並ぶスペースを確保します。

2期治療

永久歯列期(永久歯に生え変わった時期)に行う治療です。大人の矯正治療と同じように、本格的な装置を使って歯並びや噛み合わせを治していきます。1期治療だけでは十分な改善が見られなかった時などには、2期治療へ移行することになります。