定期管理型の歯科医院

「定期管理型の歯科医院」ってどんなところ?

「治療」ではなく「予防」を中心に行う歯科医院です

当院は「定期管理型の歯科医院」です。
「それって、どんな歯科医院?」とお思いの方もおられるかと思いますので簡単に説明させて頂きますと、ガリガリと歯を削ったり、穴を埋めたり、銀歯を被せたりする「治療」ではなく、虫歯などの病気から歯を守るための「予防」を中心に行う歯科医院です。

歯が痛くなったら削って、穴を埋めて、銀歯を被せて終わり…を繰り返すだけでは、将来的に歯の寿命が短くなり、歯を失ってしまう可能性があります。そうしたことを避けるためには、何よりも予防が大切です。小さい頃から定期的に歯科医院に通う習慣を持つことや虫歯を予防することの大切さを知ってもらい、将来歯で困ることがない人生を送って頂くための場所、それがワハハキッズデンタルみやけ歯科なのです。

どうして虫歯になるのかご存知ですか?

虫歯の原因は虫歯菌・糖分・歯質です

どうして虫歯になるのかご存知ですか?
虫歯の原因は大きく3つあります。「虫歯菌」「糖分」「歯質(虫歯になりやすい歯)」です。お口の中の虫歯菌が、食べ物などの糖分から産生した酸によって、歯が少しずつ溶けて穴が開いて虫歯ができます。
一度虫歯になると、そのまま放っておいても治ることはありません。また、治療しても元には戻りません。そのため、大切な歯を虫歯から守るためには、何よりも予防が重要となります。

生まれたばかりのお子さまのお口には虫歯菌はいません

生まれたばかりのお子さまのお口には、虫歯菌はいません。回し飲みや口移し、くしゃみ、キスなどにより、ママ・パパなどのご家族やお友達などのお口から感染して棲みつくようになります。
一般的に、お子さまのお口に虫歯菌が感染しやすい時期は1歳半から2歳半ごろと言われています。この時期には奥歯が生えて歯の本数が増えること、離乳食を卒業して口にする食べ物の種類が増えることなどが関係しています。また、歯の磨き方も影響します。この時期にはまだ母乳を飲んでいるお子様もおられるかと思いますが、飲んだ後きちんと歯ブラシで磨いてあげたり、カーゼで拭いてあげたりしないと虫歯菌に感染しやすくなります。

親子で一緒に予防することが大切です

お子さまの虫歯菌はほとんど場合、ママ・パパのお口から感染します。そのため、ママ・パパのお口の中に虫歯菌が多く存在していると、お子さまが虫歯菌に感染するリスクも高くなってしまいます。
小さな子どもの時期に虫歯菌の感染を遅らせたり、虫歯菌の数を少なくしたりすることで、将来的にその子を「虫歯になりにくい子」にすることが可能です。是非、親子予防の大切さを知って頂いて、お子さまと一緒にお口の健康作りに励むようにして下さい。

「定期管理型の歯科医院」の予防

唾液検査で虫歯リスクを確認します

「定期管理型の歯科医院」では、どんな方法で虫歯を予防するのでしょうか?
まずはお子さまの唾液を検査して、虫歯リスクを確認します。お子さまによって虫歯になる原因は様々です。そのため、お一人おひとりに最適な予防プログラムを作成する必要があります。唾液検査は、そのプログラムを作成するうえで欠かせない検査なのです。

唾液検査の検査項目
  • 唾液の分泌量
  • 唾液の緩衝能
  • 虫歯菌の数
  • 歯垢(プラーク)の付着量
  • 毎日の食生活(食事の回数・内容・タイミングなど)
  • フッ素塗布の利用状況
  • 虫歯の本数

など

唾液検査の流れ

1唾液量を検査

検査用のガムを噛んで頂いて、カップに出した唾液量を測定します。唾液には洗浄作用・保護作用・抗菌作用等、お口の中で大切な役割がありますので、唾液量が少なければ少ないほど虫歯になりやすいと言えます。 ※ガムを噛む事が難しいお子様は噛む事が出来る様になってから行います。

2唾液の緩衝能を検査

緩衝能(かんしょうのう)とは、お口の中を中性に回復させる力のことです。食事をするとお口の中が酸性に傾いて虫歯になりやすくなりますが、そうしたお口の中を中性に戻す力がどれくらいあるのか、少量の唾液をスポイトで採取し、検査用紙に乗せて5分後の結果から測定します。

3虫歯菌の数を検査

ミュータンス菌

ミュータンス菌は、虫歯を作る力が最も強いとされています。このミュータンス菌の数を調べることで、虫歯になりやすいかどうかを確認します。まずは検査キットを使って舌の表面上の菌と、歯面の汚れ(プラーク)を採取します。その後、ミュータンス菌以外の細菌の発育を抑制する抗生物質の入った液に浸して、2日間保管し、菌を培養させて結果を待ちます。

ラクトバチラス菌

虫歯の原因菌の1つであるラクトバチラス菌の数を調べて、虫歯リスクをチェックします。菌を培養させるための特殊な板の上に唾液を付着させて、培養器の中で4日間保管し、検査結果を待ちます。

4検査結果のご説明

唾液検査の結果が出ましたら、再度ご来院頂いてご説明させて頂きます。

唾液は短時間・痛みなしで行えます

ご家族の方からよく「唾液検査は痛くありませんか?」というご質問を受けますが、唾液検査に痛みはありません。検査時間も短いので、小さなお子さまでも安心して受けさせてあげることができます。

個別の予防プログラムを作成

唾液検査の結果とお口の中を診させて頂いて、お一人おひとりに最適な予防プログラムを作成させて頂きますのでこちらに沿って予防を行っていきます。

主な予防プログラム

歯磨きの練習

8~10歳程度のお子さまの場合、ご本人さまへの指導をメインに行います。7歳以下のお子さまの場合は、ママ・パパへの指導をメインに行います。お子さまの歯並びや歯の生え変わりの時期に応じて、適切に指導内容を変えていきます。

PMTC

PMTCとは、歯科医院で行う専門的な歯のクリーニングです。ご自宅での歯磨きだけでは落とせない「バイオフィルム(細菌の塊)」をきれいに落として、お口の中を清潔にしていきます。PMTCは歯が生え始めたら受けて頂くことができます。

フッ素塗布

歯質を強化する働きがあるフッ素を表面に塗って、虫歯になりにくい歯を作ります。

シーラント

虫歯になりやすい奥歯の溝を樹脂で塞いで、効果的に虫歯を予防します。

その他の予防プログラム
  • ハミングキッズ
  • 栄養相談
  • 筋機能トレーニング

など